EP intelligent warmfloor・人工知能《3mm床暖》 低電圧式床暖房で“環境に優しい健康で快適な生活”グッドウイン株式会社

TOPページ
床暖房紹介
屋根融雪パネル
バッテリー・ヒーター
お問い合せ
会社概要

床暖房Q&A
Q
見積り依頼はどうすれば?

Q
電気代がかかりそうな気がします。

A
非常に経済的です。PTC効果(温度が上昇するにつれ、同時に電気抵抗値が増加 = 電流が流れにくくなる = 電気量は
少なくなる)と自己温度調整機能内蔵(温度が上昇しある一定の温度に達するとその温度を直線線的に保つ)によるダブル省エネタイプです。まさに人工知能の優れものです。
Q
低電圧ヒ-ターとはどういうことですか?

A
このヒーターはノルウエーで「人に一番安全で優しいヒーターを創ろう」と開発されたもので、ヒーター自身は26V~30Vで駆動します。従って、万一手で触れても無害です。又決してオーバーヒートはしません。安全です。人工知能が管理します。
Q
毎月の電気料金の目安は?

A
8畳にヒーターを約50%敷設し1日10時間使用、@\22/1KWH、通電率100%x30日 = 約¥2,442(弱26V使用)/月です。
Q
安全ですか?

A
上記の如く低電圧で駆動しますので、全く安全です。人工知能が管理します。
Q
部屋にピアノを置いても大丈夫ですか?

A
大丈夫です。決してオーバーヒートはしません。最悪の場合でも、ピアノの脚と床との接点部分が暖まらないだけです。
Q
どんな床でも良いですか?

A
フローリング、木質、カーペット、タイル、大理石、何でもOKです。
Q
浴室でも使えますか?

A
大丈夫です。タイルの下にモルタルで埋め込み可能です。但し、ユニットバスは不可です。
Q
新築でなくても使えますか?

A
勿論使用できます。リフォームには最適です。現在の床にヒーター(4mm)を貼り、新しいフローリング(12mm)を貼って、
16mm UPで施工できます。
Q
工事期間は何日ですか?

A
広さ、現場の条件にもよりますが、リフォームで10畳位の場合、電気工事+大工工事で2日です。
Q
何処にお願いすれば相談できますか?

A
EP人工知能《3mm床暖》の販売代理店か弊社に直接ご相談ください。
Q
26Vの電源は如何すればよいのですか?

A
弊社の特製トランスを使用します。
1次側200V 、ヒーター側 = 2次側30V(予備)、28V(強)、26V(弱)の3段切換えになっています。
Q
床暖房のカタログがほしいです。

A
こちらのカタログ請求をクリックして下さい。
Q
見積の依頼はどうすれば?

A
こちらの見積依頼をクリックして下さい。
Q
床暖房のレイアウトは簡単ですか?

A
簡単です。ヒーターは幅360mm、定尺3mを最長に50cm刻みで最短1mですが特尺も出来ます。ヒーター間は5cm間隔で
敷設します。
Q
床暖房だけでよいですか?

A
床暖房を主暖房として使用するためには、部屋面積の65%以上ヒーターを敷設して、そのとき床上1mのところで20℃を保つのが目安です。それ以下の敷設面積又は、それ以上の室温を望む場合は、空調が必要です。
Q
電磁波による健康への影響はありませんか?

A
世界的にまだ電磁波に対する定説が確立していないようですが、電磁波は電圧により増減しますので、低電圧使用のこのヒーターは確かに有利です。具体的には、26Vは100Vのヒーターに比べ電圧は約1/4で、そのときの電磁波は1/16となり極微量でより安全です。ヨーロッパの主要国の病院のICUのベッドで使用許可されているヒーターは、現在のところ、このヒーターだけです。
まさに電磁波も含め安全性が証明されています。
Q
床暖房の床にカーペットを敷きたいのですが、暖かさは大丈夫ですか?

A
大丈夫です。人工知能自己温度調整機能内蔵ですから一定温度を保ち、オーバーヒートすることはありません。又床暖房用のフローリングであれば、床材が変化することもありません。
但し、ジュ―タンの場合、ジュータンベースのフエルトは、使用しないでください。断熱材になり、熱が内部に篭ってしまいます。
ページTOPに戻る